日本でボードゲームというとすごろくや人生ゲームなどが親しまれていますが、実は世界にはとてもたくさんのボードゲームが存在し、さらに新しく生み出され続けています。

運がものをいうパーティーゲームから囲碁将棋のようなじっくりと考える必要があるゲームまで、幅広く楽しまれています。

近年は国内のボードゲーマー人口もだいぶ増え、年4回開催されるボードゲームの祭典、ゲームマーケットの来場客数は1万人に届こうかという勢いです。

 

■具体的にどんなゲームがあるの?

有名なタイトルをいくつかご紹介します。

 

【カタン】

ボードゲームの金字塔。カタン島を舞台に、自らの領土を広げ、もっとも多くの勝利点を獲得したプレイヤーの勝ち。

高い戦略性とほどよいランダム性を持つこのゲームの登場はアナログゲームの世界を一変させました。

発売後20年が経ちましたが、いまだに多くのプレイヤーを魅了しています。

Wikipedia:カタンの開拓者たち

 

【ドミニオン】

デッキ構築型ゲームはこのゲームから始まりました。

用意されたカード群から使いたいカードを購入して自分のデッキをプレイを通して構築し、最終的に最も勝利点を集めたプレイヤーの勝ちになります。

ただし、勝利点になるカードは原則的にゲーム中はゲームに関与することがないため、買いすぎると手が進まなくなります。

かといってゲームを有利に進めるためのカードはいくら集めても勝利点にはならないため、どのカードをどの順番で買っていくかを周りの様子を見ながら進めていく必要があります。

このゲームだけをするための会ができるほど、熱狂的なファンを多く有するゲームです。

著名な某日本人ハースストーンプレイヤーがこのゲームの第1回世界大会のチャンピオンだったりしますので、ハースストーンプレイヤーには最もしっくりくるゲームかもしれません。

Wikipedia:ドミニオン

 

【パンデミック】

プレイヤー同士で戦うだけがボードゲームじゃありません。

このゲームではプレイヤーは協力し、ゲームのシステムにより自動で増殖するウイルスたちと戦います。

世界から疫病を根絶するのが先か、それとも人類は全滅してしまうのか。

Wikipedia:パンデミック

 

当会が所蔵しているボードゲームはサイドバーのリンクから確認できます。

遊んでみたいゲームがありましたらお気軽にリクエストください。