Meepleside gathering #1
イベントレポート

2015年11月29日に、東京都 蒲田でハースストーンとボードゲームを楽しむイベント “Meepleside gathering #1”が開催されました。

当日の来場者は述べ20人。13時から20時半まで7時間半、ハースストーンとボードゲームを遊び倒しました。

 

・開場、ハースストーンフリープレイ 13:00~

イベント当日、天気は晴れで絶好のゲーム日和。主催の2人は13時頃に会場に到着したのですが、それと同時にパラパラと参加者の方々も。

イベント初回ということもあり、人が来るかどうかが不安だったのですが、会場と同時に参加者が来てくれて本当に嬉しかったです。

設営を終えたら、名札を装着して、みんなで1つのテーブルに集まってフリープレイを楽しみました。

最初は離れ離れの席について独特の緊張感もあったのですが、10分もすると聞き慣れた顔面爆発の音が。次第に楽しげな会話や笑い声も起こり、開催してよかったと早々に実感しました。

参加者の中にはまだ初めて1ヶ月の方もおり、新規プレイヤーが増えているのを感じさせます。まだアリーナが慣れないということで、運営スタッフと議論しながらのアリーナプレイなども行いました。

開場後も参加者の方は増え続けていき、最終的に2つのゲーム卓を囲みながらのプレイとなりました。

印象的だったのが、スマホ・タブレットでの参加者の方が多く、PCを持参している方がいなかったことです。今回、モバイルwi-fiを4台用意したのですが、ただハースストーンをプレイするだけなら、台数を減らしても良いのかもしれないなと感じました。

そして、そのモバイルwi-fiなのですが、Fireside gatheringのカードバックをもらえないことが当日に発覚…。これを楽しみにしていただいた方には申し訳なかったです。次回はスタッフで検討し、改善します。

今回はトーナメントなどの催しはなかったのですが、タイムテーブルギリギリまで白熱した戦いが繰り広げられていました。Well Played!


・ボードゲームフリープレイ 16:00~

ハースストーンをひとしきり遊んだら、ボードゲームのフリープレイへと移行。

当日持ち込まれたゲームたち。大きな箱のゲームは威圧感があるのか、あまり遊ばれませんでした。

4つほどのテーブルで、様々なボードゲームにトライ。未経験の方が多かったため、スタッフがルール説明をしながら回りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 

「私の世界の見方」

親が読み上げるお題に対して子が答える大喜利系ゲーム。子は何を答えてもいいわけではなく、答えとして提示できるのは各自の手元にあるカードに記された単語だけ。使い道が全くなさそうな単語カードが思わぬタイミングで最高の回答になったり、絶対の自信を持って出したカードが親には不評だったりと、終始笑い声が絶えない卓となりました。


「ラブレター」

姫に恋文を届けるために、カードに描かれたキャラクターの力を借りて恋敵を蹴落とすゲーム。シンプルで何度でも遊べる日本産の名作です。


「髑髏と薔薇」

暴走族の長を決めるための度胸試しとブラフ(嘘)のゲーム。ちょうど引いてはいけない髑髏のカードを引いてしまった瞬間を捉えた1枚。この後ジャラクサスも顔負けの断末魔の声が上がっていました。


「宝石の煌き」

戦略的なゲームをじっくりとやりたいとのリクエストを受け、主催者一押しのゲームを立卓。運の要素がほとんどないゲームなので、序盤から熱いせめぎあいが繰り広げられます。主催者はルール説明後に他の参加者の対応をするために席を外してしまったのですが、しばらくして戻ると盤面は序盤のまま。何かトラブルでもあったのかと聞いてみると、1ゲーム終了後、「勝ち筋が分かったのでもう1回!」とすぐさま2ゲーム目がスタートしたとのこと。主催者冥利に尽きますね!


他にもワンナイト人狼やカタンなどの定番から、フェンシングをテーマにした2人用ゲーム「アンギャルド」、プレイヤー全員で協力して遊ぶ「花火」など幅広いゲームが遊ばれていました。

初心者の方が多いので楽しんでいただけるか不安でしたが、絶えず笑い声とボードゲーム特有の「ジレンマ」に悩む苦悶の表情が場に満ちていました。

「ハースストーンは1人で遊ぶけど、ボードゲームは大勢と遊べて面白い。こっち(ボードゲーム)のほうが楽しかった」とまで言ってくれる参加者の方もいて、運営スタッフが好きなものを詰め込んだ会だったけれど「これでよかったんだなぁ」と安心しました。


・チップ争奪戦! 19:00~

イベントの最期に、参加者の方々に3枚のチップを渡し、争奪戦を行ってもらいました。

黄色い袋にハテナが描かれた「ウーサーの秘密の袋 from ドン・キホーテ」からランダムなお題を引いて、ハースストーンで対決。ノーレギュレーションルールからシャーマンミラーマッチ、ランダムデッキ対決などなど…。わが国初の競技、「じゃんけんBO5」もこの夜に産声を上げました。

そして、見事6枚を集めてMeepleside gathering #1の王者に輝いたのはgomidさん東さわりさん

我々からちょっとした景品、Hogeiさん提供のランダムデッキメーカー、そして名誉が贈られました。

初代覇者の1人、gomidさん。王者の風格。

 

その後は20:30の閉会時間まで完全にフリータイムとして会場を開放。雑談やハースストーン、遊べなかったボードゲームなどなど、締め切りギリギリまでみんなで遊びました。


 

先日行われたKoroneko Team Cup #2で見事準優勝に輝いたチーム「100歳」で記念撮影。

左からEnhance-o Mechano Zooを日本にもたらしたakaneko、ネクストレベルパトロンのniriku、”Mr.OTK” fujisan。賞金4,000円ありがとうダブルピース。


・解散 20:30~

施設の利用時間ギリギリまで遊び倒して解散。主催の2人は疲労困憊で見届けられませんでしたが、参加者の方々は蒲田のインドカレーに溺れたそうです。蒲田の懐は深い…。


・運営スタッフの感想

niriku niriku
人生初のオフイベント主催でどきどきでしたが、楽しかった!の声がたくさん聞けて、開催してよかったと思いました。日本人だけじゃなく韓国や中国の方も参加してくれて、今後同じAsiaサーバーで遊ぶ者同士、国境を越えてハースストーンがやれたらいいなと思ったり。参加者の皆さん、当日協力してくれたらいむさん、本当にありがとうございました!みんなのおかげで最高のイベントになりました。みんな遊びの天才だ!


fujisanFujisan
第1回目ということでいろいろと不手際がありましたが、イベント後のツイートを見るとおおむね好意的な声でほっと一安心。みんなが楽しく、ついでに私も楽しく、ゲームができるイベントとして末永く続けていけるよう適度に頑張っていきたいなぁと思いました。


次回はオンラインイベントとして、LoEリリース記念大会を12/13に開催します!

オフイベントは2月の初週に開催予定です。来られなかった方もぜひぜひ遊びましょう!

 

※ご参加いただいた方はよろしければアンケートにご協力ください。

Meepleside gathering #1 アンケート

Written by niriku

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.